手汗で悩む人は手掌多汗症かもしれません

手汗で悩む人は手掌多汗症かもしれません

誰でも汗をかきますが、手のひらからどんどん流れてくる汗は日常生活で困ることが多いです。文字を書くとき、紙を湿らせてしまう、自分以外の人と手をつなぐのが億劫になる、汗のかきすぎで手のひらが腫れてしまう、など考え出せばキリがありません。誰かに相談したいけど、周りに似た症状が少ないので一人で抱え込んで苦しい思いをします。

 

手のひらにかく汗は手掌多汗症といった病名が付けられています。ハンカチなしではいられないほど、手のひらに汗をかく病気のことです。

 

症状のレベルは3段階に分けられていて、軽いものだとじわりと汗がにじむ程度なので周りの人は気づかないことがほとんどです。でも、本人はとても気になってハンカチを持ち歩いて気を配っています。中程度だと、水滴がはっきりと見えます。だけど、床に落ちることはありません。

 

こまめに手を洗わないと気持ちが悪くなってきます。軽いものと比べて周囲の目も気になって、手を隠したくなります。最も重症だと、水道で手を洗ったときのように水滴がしたたり落ちます。ハンカチで汗をぬぐっても次々と出てきますから、本人は日常生活に支障をきたすほどです。

 

汗で手のひらが腫れあがってまともに手が使えなくなることがあるので困りものです。このような症状の手掌多汗症は日本で200人に1人が悩まされていると言われています。原因は、遺伝や環境、精神的ストレスなどが考えられています。緊張で手に汗を握るタイプの手汗とは違い、緊張していないときでも汗をかきますから本当に困ったものです。

 

人間の体には交感神経と副交感神経の2つの自律神経があります。交感神経は緊張したときや活動時に活発になります。副交感神経はリラックスしたときに活発になります。そして、手のひらは汗腺がたくさん集中している場所で、交感神経が優位になると汗が出る仕組みになっています。

 

手掌多汗症の人は普通の人よりも交感神経が敏感になってしまっているため、少しの刺激で汗をかいてしまいます。症状が軽い場合はハンカチを持ち歩いて手を洗うことで対応させます。重症だと、日常生活が困難になるので医師に相談することが大切です。