共有道路での除雪作業は手伝わないわけにはいきません

共有道路での除雪作業は手伝わないわけにはいきません

一戸建てを購入し初めての冬が到来して大雪となり、のんきに庭に雪が積もるのを眺めていました。

 

 

私の家の前は他の住宅と共有しており幹線道路まで行くには必ず通らなければいけません。私はその日は仕事はなかったし、出かける用事もなかったのですが他の家では通勤で車を使うためには除雪作業をしなければいけなかったのです。

 

 

数人の住民が時間に追われながらも除雪作業をしているのを見て新参者の私も手伝わないわけにはいきませんので除雪作業をする事にしました。気持ちとは裏腹に道具を持っていなく、土を掘る重いスコップでの除雪作業となりました。

 

 

とりあえず雪を道路のわきに寄せる事が最優先の作業でしたがスコップの重みがきつく、効率が悪い以上に体にも負担がかかります。追い打ちをかけて雪が降り続けており、作業が長引くにつれて体が休みがちとなっていくのでした。

 

 

履いていた長靴も雪用ではなく、安い一般的な黒ビニールでしたのでグリップ力はなく、踏ん張りが効かなく足首も自由度がないなどで使いずらい上、水も入ってきており足が水浸しです。絶悪な環境を経験した引っ越し後の除雪作業は今後のために対策しなければいけないと思いました。

 

 

この日は除雪作業で体が疲れて動けなくなりとても疲れてしまいました。今後も除雪作業は必ずやらなければいけないと思い、さらにいつ大雪が来るかもしれないのでできるだけ早く除雪作業に適した道具を準備すべくホームセンターで軽いアルミ製のスコップとローラーで押し込むスコップを購入して、さらに長靴を購入し後付けできるスパイクを見つけ付けてみました。

 

 

他にもあれば好さそうな道具もあるかもしれませんが素人の私にとっては扱えそうな物はこれくらいが限界です。

 

 

あとは天気予報などでもし降雪の予報が出たようならあらかじめ気持ちの準備をしていつでも除雪作業をできるように心構えしておくようにする事です。雪が降って喜ぶのは子供と犬ぐらいで、大人になればいかに効率よく除雪できるかを考えるようになりました。